ざんにゃー1「こにゃにゃちわ、残党ですにゃ。今回は臨時休業していた地元のショップがめでたく再営業開始したので導魔のパーツを買ってきて早速組んだにゃ」
たぴ1「おお~!久しぶりのデッキ紹介たぴ~」
ゆーちゃん「では、カモン!デッキレシピ!」
DSC_0107

たぴ3「やっぱりというか変なもの、もとい見慣れないものが入ってるたぴ」
ゆーちゃん「これこそがマスターの個性!違う色の3積みによくわかんないカードの搭載はマスター以外ではあんまり見ないわ!」
ざんにゃー3「ゆーちゃんがいつになく熱いにゃ!でもあんまり褒められてる気が…」
ゆーちゃん「ペネトレイトの3積みは何?トリガーカウンターとかちらついてるけどなんで今?」
ざんにゃー2「ゆーちゃん落ち着いて、一つずつ説明していくのにゃ」
たぴ3「たぶん残党が本分とする黄色に興味津々なんだと思うたぴ」
ゆーちゃん3「あら、よくわかってるじゃない。マスターは昔黄色を組んでたって聞いてたからそんなマスターの黄色を見れると思うと少し興奮しちゃって」
たぴ1「黄色、天霊、無限アタック…う、頭がたぴ~」
ざんにゃー2「青色、天秤、リブラゴレム…う、頭がにゃ~」
ゆーちゃん「いや、あなたたちホント何なの??前にも言ってた気がするけどお互いがお互いにトラウマってこと?」
ざんにゃー2たぴ2「いえす…」
ゆーちゃん「いや、リブラトラウマはわかるけど天霊無限アタックってなによ?」
ざんにゃー3「イスフィールにブレイヴで光芒持たせて回復マジック連打するだけにゃ。ストームアタック無制限時代だにゃ」
たぴ1「そんな名前だった気がするたぴ~」
ゆーちゃん「やってた時代もモロ分かりね。覇王の頭らへんかしら」
ざんにゃー2「バースト登場で始めた感じだからたぶんそうにゃ」
たぴ3「そろそろおいらたちの昔話は置いておいて説明いくたぴ」
ざんにゃー3「そうでした!まずはペネトレイトの説明からいくと、単純に装甲対策という意味合いが大きいにゃ」
ゆーちゃん「でも、それだけじゃないんでしょ?」
ざんにゃー2「そうなんですにゃ!トラッシュに落ちなくてもアプロディーテパストの効果で唱えられる点と、2枚目がトラッシュにあればライフ減少時にアンブロシウスと合わせて疑似バーストになる点で採用したのにゃ。アンブロシウスで回収できないのが悔やまれるにゃ」
たぴ3「それはさすがに相手がキッツいたぴよ…」
ゆーちゃん3「一気に5点削り切らないと無理ね、そんなことされたら」
たぴ1「アンブロシウスが落ちたら要注意というのはわかったたぴ」
ざんにゃー3「で、なぜデスタメントではないかと言いますと装甲を撒くやつにコアが3つも乗らないから、ですにゃ。本音はネクロリバースと一緒に紫採用したかったにゃん!」
ゆーちゃん「まあ装甲対策ならそれが正しいわよね。撒いてるだけなら元をつぶせば簡単に攻められるわけだし」
ざんにゃー2「2枚目をトラッシュに高確率で送るために、コダマウスというカードも使ってみたいにゃ」
コダマウス - バトルスピリッツ wiki
たぴ1「ほっほう~。デッキを6枚も2コストで破棄できるたぴ」
ゆーちゃん3「ベヒモス…っていうととんでもなく昔のカードじゃない?それも二人がやってたレベルの時代の」
ざんにゃー2「んー、確かにそんな気がするにゃ。コダマウスは昔にストレージから漁ってきた記憶があるにゃん!でも、あまり実戦で使った記憶はないにゃ」
たぴ3「おいらも見おぼえないたぴ」
ゆーちゃん「安物買いの銭失いって奴かしら」
ざんにゃー3「間違いなく。昔の私にはほんとよくあることだにゃ。最近でもやってしまうときがあるレベルだにゃ」
ゆーちゃん3「でも、それが今回役に立とうとしかけてると。」
たぴ3「ま、誰にでもあるような話たぴ」
ざんにゃー2「説明に戻ると2コスト実質1軽減でデッキを6枚破棄してくれるカードにゃ。アンブロシウスと黄のマジックをセットで送れる可能性がそこそこあるにゃ」
たぴ1「先行でもデメテールとコダマウスが出せればコダマウスを破壊できたら9枚破棄たぴ。なんという破格たぴ…」
ゆーちゃん「正直言ってインチキに見えるわ。破壊されるかは別として」
ざんにゃー3「系統は導魔じゃないから許してほしいにゃ」
たぴ3「というのは置いといて次の説明いくたぴ」
ざんにゃー3「いえす、にゃー!次はこれですかにゃ、アブソリュートゼロリバイバル」
アブソリュートゼロ - バトルスピリッツ wiki

ゆーちゃん「何故ここでトリガーカウンター?他にいいの無いわけ?」
ざんにゃー2「よく見るにゃ!フラッシュ効果がネイチャーメナスより勝手がいいにゃ!」
ゆーちゃん3「あら、ホントだわ。2面処理できるのね」
たぴ1「逆いうとネイチャーメナスが弱すぎるたぴ。解決はどっちか1個しかできないたぴ」
ざんにゃー3「ですよにゃ~。最初は両方できると思ってたくらいでしたからにゃ」
たぴ3「トリガーカウンターのおまけつきたぴ。アルティメットも対象取れて、アプロの余剰コア使えて言うことないたぴ」
ゆーちゃん「ホント、アプロのコア余りは処理のしようがないものね」
たぴ1「そしてもう一つ聞くと、ベラドンナフィールドって何に使うたぴ?このままじゃ重くて使いにくそうたぴ」
ざんにゃー3「そりゃもちろんアプロディーテフィーチャーの詠唱したいカード第1位ですにゃ。最悪は3コスト付近まで下げて素撃ちですにゃ。アンブロシウスでの回収もできるし、アルティメット複数も処理できますしにゃ」
ゆーちゃん3「確かにアルティメットには導魔じゃさわれないものね。ブロックはされないけれど」
たぴ3「で、使ってみた印象はどうたぴ?」
ざんにゃー2「手持ちのデッキとしかやってませんが無魔ほど展開はしないけどアンブロッカブルで確実に2打点を刺していく感じかにゃ。でもテスモポロスはゼロカウンター怖いから何とも言えない感じですにゃ。出てくる効果はいい感じなのでどっちかというとそっちがメインかにゃ」
ゆーちゃん「事故率は?そこそこありそうに見えるわ」
ざんにゃー3「3割くらい事故がついてきたにゃ。その8割はペネトレイトで返した間にじわじわ展開して返しきったにゃ。対戦相手は無魔でやってたけど基本はエブリワンで全部止まってライフが減るごとにアンブロシウスでエブリワンを回収する動きが撃強だったにゃ」
たぴ1「エブリワンって地味においてもよい、だから使いまわせるたぴねぇ…」
ざんにゃー2「逆に弱点としてはカバリエーレバッカスにゃ。導魔はコアの必要数が比較的少ないから一気にコアシュートされてライフも昇天したうえでリザーブのコアを消されるからエブリワンのコストすらきつくってアンブロシウス出せなかった時もあったにゃ」
ゆーちゃん3「流石は対マジックの切り札的存在ね。コアをトラッシュに送るのは強力だわ」
ざんにゃー3「あとはアタックトリガーによるライフバーンも苦手意識はあるけどで打点が低ければアンブロシウスの養分にゃ。逆を言えば大打点は苦手って事にゃ」
たぴ1「それなりの持久戦が得意たぴね、このデッキは」
ざんにゃー2「それもアンブロシウス依存ですがにゃ…。マジックは多いので耐えるのは得意で、攻めるのはどうしても一定時間必要ですにゃ」
ゆーちゃん「トラッシュ戦術のきついところね…。大体の説明が終わったところで」
ざんにゃー1「今日はここまでにしますかにゃ。私のこだわり満点の導魔はいかがだったでしょうか」
たぴ3「それではお疲れたぴ~」